子供クラス・女性クラス

精晟会あざみ野では、こどもクラスの稽古が、横浜市立新石川小学校と、センター北道場(麟翠館)の二カ所で行なわれています。

◯新石川小学校 毎週水曜日 18:00〜19:30

◯センター北  

        毎週木曜日 17:30〜18:30

        毎週金曜日 17:30〜18:30

        毎週土曜日   9:30〜10:30

        毎週日曜日 10:30~11:30 

 

またセンター北道場(麟翠館)では、女性クラスを、毎週土曜日の10:30~12:00 に設けています。詳しい情報は、下のバナーをクリックしてご確認ください。

新石川こどもクラスバナー
センター北こども母親クラスバナー

子どもクラスがお手伝いできること

精晟会あざみ野子どもクラスは、合気道の稽古を通じ、お子様が「明るく元気に暮らす」ことをテーマとしています。そのために、当会がお手伝いできることは主に3つです。

きちんと挨拶ができること

合気道は「和の武道」と言われるとおり、人との和を大事にしています。他の人(自分以外の人)と仲良くするために必要なこと。それは、「きちんと挨拶ができる」こと。そして、他の人を認めることができ、態度として示すことができる、ということです。
合気道の稽古は礼で始まり礼で終わります。そして仕手(技)・受けによる稽古は、他の人を認め、いたわる心をはぐくみます。当会は、合気道を通じて、礼儀作法を身につけることを第一に考えています。

自分の身を守ることができること

大きな意味で「自分の身を守る」ために最も必要なことは、「良い人間関係が築けること」「危ないところには近づかないこと」であると思います。しかし、どれだけ注意しても避けることのできない、理不尽な暴力(いじめ)や突発的な出来事(事故)が存在することも確かです。
万が一、そのような事態に陥ったとき、合気道は非常に役に立ちます。合気道には相手を攻撃する技はなく、「かわし制する」ことを学びます。また正しい受け を身につけることは、例えば、突き飛ばされて身体が放り出されたとき、ダメージを最小限にするために役立ちます。

背筋を伸ばして行動できること

自分の考えをはっきり述べたり、表現するためには「自信」が必要です。そして自信をつけるためには、「何かを為す」ことが不可欠になります。当会で開かれ る年二回の審査試験、または多くのギャラリーの中での演武会への出場は緊張するでしょうが、自信(胆力)を養う絶好の機会です。

稽古スケジュール

各道場、毎週曜日と時間が決まっていますが、諸事情により変更やお休みになる場合もあります。見学・体験等際にはメールでご確認ください。

月曜日

○横浜合気道会/中目黒

19:00~21:00

 

火曜日

○横浜合気道会/あざみ野中学

19:00~21:00

 

水曜日

○子どもクラス

/新石川小学校

18:20~19:20

 

木曜日

○子どもクラス/麟翠館

17:30~18:30

○横浜合気道会/表参道

17:00~19:00

○大人クラス/麟翠館

19:30~21:00

 

 

金曜日

○子どもクラス/麟翠館

17:30~18:30

◯中高生クラス/麟翠館

19:00~20:30

○横浜合気道会/中川西中学校

19:00~21:00

 

土曜日

子供クラス

/センター北

9:30〜10:30

○女性クラス

/センター北

10:30~12:00

○横浜合気道会/新百合ケ丘

15:30~17:30

○大人クラス

/あざみ野中学

19:00~21:00

 

日曜日

○子供クラス

/センター北

10:30~11:30

横浜合気道会/たまプラーザ

18:30~20:30